トランキライザー

その日は山猫の頼みで、とある会合に代理で出席した帰りだった。

 

いつも通りに店へゆき、酒と食事を頼んだ。

けれど喉を通らない。

どんどんと具合が悪くなってゆく。

結局、頼んだ食事を食べきれず、帰宅した。

 

理由はよくわからない。

疲れていたのかもしれない。

それ以外に心当たりがあるとするなら、会合の内容と、知らない人ばかりが居る場所で緊張し、気疲れしすぎたぐらいだった。

 

山猫にLINEを送って、布団の中で鬱々としていた。

あしたは仕事なのに、眠れない。

会合の毒気にあてられたみたいだ。

 

深夜、店を終わらせた山猫が心配して家に来てくれた。

自分もくたくただろうに、私のために無理をしてくれたのだ。

来た途端、何も言わずにただ抱き締めてくれた。

「何も言わなくていい。これだけで、おまえがどれだけくたくたで無理してきたかわかるよ」

 

なんだかもう、それだけでよかった。

半分魂が抜けたみたいに頭がぼんやりしていたけれど、何もかもが報われたような気がした。

 

山猫は体温が低いから、抱き合うといつも、少しひんやりしている。

でもその日はすごくあたたかくて、ああ、守られているなあと思った。

 

守られたくて、慈しんでいたわってほしくて、でも誰にもそれを言えないでいて、独りで薬と剃刀をトランキライザー代わりにがたがたと震えていた夜がやっと、やっと明けたような気持ちになれた。

 

いつもさみしくてうつろだったものを、彼だけが充たしてくれる。

広告を非表示にする